昔からあった産み分け願望

妻が妊娠した夫婦の関心は、まず「今度生まれてくる子は、男の子であろうか?それとも女の子だろうか?」ということに始まるのが、一般的な情景でしょう。そして、男の子か女の子かは、産んでみなければわからない。なにしろ、子どもは神様からの授かりものなのですから。しかし、いまはもう、こんな時代ではなくなったようです。自由自在とまではいきませんが、男の子が欲しい、あるいは女の子が欲しいという願望が、すべてではなくても、ある程度以上は叶えられる時代になったのです。

次に生まれる子が、男の子だったらいい。あるいは、女の子ならいいという願望は、いま始まったことではなく、当然、むかしからありました。ただ、むかしといまの違いは、願望は願望として、結果はすべて自然に委せなければならなかったものと、その願望を自分の意志で実現する可能性が高くなった時代との差でしょう

生まれてくる子どもの性に対する願望も、むかしといまでは変わってきました。むかしは「三年子なきは去れ」「女腹はいらない」などという時代でもありました。この時代、妻たちが、そして嫁たちが必死に望んだのは、男の子でした。

つい十年くらい前までも、男女産み分けでどちらを望むかというと、男の子を望むほうが多かったのです。それは、家業や家名、財産などの継承者として、男の子の跡継ぎが欲しいということで、第一子が女、第二子、第三子も女ということになると、嫁の存在自体にもかかわることだったのです。そこで、次はぜひ男の子という願望ではありました。
男の子と女の子の産み分けが成功する確率と失敗する確率

しかし、時代とともに、生まれる子の男女選択の傾向も変わりました.それは、前にも触れた厚生省の出生動向調査の結果にも、はっきり現れています。男の子よりも女の子が欲しいという人が多くなったのです。

もちろん、先に女の子ばかり何人か産んだ人は、次に男の子を望むのは当然でしょう。また、男の子ばかりの家庭では、次には女の子がいいなぁと思うのはあたりまえです。このように、次に産む子どもの性への願望は、人それぞれですが、問題は、いま、正当な理由と強い願望があれば、男女を産み分けできる時代になったということです。

不動産の営業はどんなもの?事前に知っておくべき事実をご紹介!

不動産の営業をしてみたいけれど、自分にできるかなぁ?と興味はあるけれどなかなか一歩踏み出せないという人もいるのではないでしょうか。今回は、不動産営業のメリットとデメリットなどをご紹介したいと思います。興味がある人はぜひ参考にしてみてくださいね!

不動産の営業とは

不動産の営業に興味があるという人も多いのではないでしょうか。特に男性だと、「ガッツリ稼ぎたい!」「不動産というとできる男みたいでモテそう!」などといった印象で就職しようと考える人も少なくないかと思います。確かに頑張れば収入は上がるかもしれません。

しかし、営業の仕事は楽なものではありません。しっかりと不動産の営業とはどういうものなのかをわかっていなければ、入社してから「こんなに大変だとは思ってもみなかった。」ということになる可能性もあります。今回は、不動産の営業についてご紹介しますので、不動産の営業に興味がある人はぜひ参考にしてみてくださいね!

不動産業について知りたい方にオススメの記事です

不動産の仕事ってお客様に家を売るということですが、実際に具体的な仕事内容まではわからないという人も多いのではないでしょうか。人に家を売るということは簡単なことではありません。確かに、頑張れば頑張った分だけ収入は上がるかもしれませんが、それなりの努力は必要になってくるでしょう。

まずは、不動産の営業という仕事はどのようなものなのかということを知っておく必要があります。メリットやデメリット、できる営業マンとできない営業マンの違い、仕事の探し方など詳しくご紹介していきたいと思いますので、今後就職したいと思っている人はぜひ最後まで読んでみてくださいね!では、まず不動産営業の仕事内容からみていきましょう!

不動産営業の仕事内容とは?

チラシや書類の作成

不動産の仕事はどのような仕事が多いのでしょうか。これから仕事をしていきたいと思っている人はしっかりと把握しておく必要があるでしょう。それぞれの会社によってやる内容は異なることがありますので、あくまでも参考にしていただければと思います。

一つ目は、チラシや書類の作成です。大きな企業であれば、営業事務という営業マンのサポートをしてくれる人がいますので、そのような人が事務処理をしてくれることが多いでしょう。しかし、小さな企業であれば事務作業も自分で行わなければなりません。お客様に渡すチラシの作成をしたり、セールスをするときの書類作成をしたりと様々な事務作業を行います。

オープンハウスの準備、開催

一軒家の物件を扱っている不動産であれば、オープンハウスが用意されています。そのオープンハウスを週末になると見に来られるお客様がいますので、そのための準備を行います。事前に綺麗に掃除をしたり、その家の特徴を調べたりとお客様にしっかりセールスできるように整えます。

そして、週末になると1日中オープンハウスにいてお客様をお出迎えします。その日によって沢山人が来る日もあれば、一人も来ない日もあるでしょう。その時間を有効活用して、家についての勉強をするのもいいかと思います。お客様は少しでも知識の多い社員から購入したいと思っています。知識はすぐにつくものではありませんので、日頃から少しずつ蓄えていくといいでしょう。

職場によっては飛び込み営業

その職場によって営業の仕方は異なりますが、まだまだ飛び込み営業をしている企業は沢山あります。飛び込み営業のほかにも、電話をかたっぱしからかけたり、チラシのポスティングをしたりととにかくできることはいろいろします。

ときには、街でチラシを配るということもあるでしょう。不動産は営業してなんぼの世界です。日々制約を獲得しなければ収入に大きく影響してきます。不動産は繁忙期と閑散期が激しいのが特徴。繁忙期はこちらからセールスをしなくてもバンバン制約していくことができますが、閑散期はかなり工夫しなければ獲得するのが難しいと言われています。

事前に知っておくべきこととは?

不動産の仕事をするのであれば、ある程度基本的な知識は事前に知っておいた方がいいかと思います。面接でも実際に働いたときのことの話になることもあるでしょう。そのときに基本的なことが全くわかっていないと、「本当に不動産に興味があるのかなぁ?」と思われてしまうこともあります。最低限の知識は頭に入れておくといいかと思います。

賃貸の金額は年収の20~30%が目安

まず、賃貸の金額は年収の20~30%くらいが目安です。これはお客様に聞かれることもありますので、すぐに答えられるようにしておくといいでしょう。お客様自身が、今のお給料でいくらくらいの家賃を探すのがいいのかわからないという人も中にはいます。

一度一人暮らしをしたことがある人であればある程度わかると思いますが、新卒で初めて一人暮らしをするという人にとってはわからないことばかりです。バブルの時代は月収の30%とよく言われていましたが、今の時代では20%ほどに抑える人も増えてきているよう。人によって家賃にかける割合は違いますので、参考程度に伝えるといいでしょう。

売買を取り扱う仕事の方が年収が高い?

不動産の中には、賃貸物件を扱う専門の不動産もあれば、売買を専門に扱う不動産もあります。どちらも仲介業者ですが、扱う金額が全く違うため、仕事内容も大きく異なります。賃貸の方が気は楽ですが、かなりの数をこなさなければなりません。

逆に、売買の場合はかなり大きな金額のやりとりとなりますので、神経を使う仕事となるでしょう。また、お客様も大きな買い物になるため、細心の注意を払っています。そのため、ちょっとしたミスがあると信用してもらえなかったり、怒られてしまったりすることもあるのです。ただ、1件の制約でかなり大きな金額を会社に貢献できるため、自分のお給料も上がりやすいというメリットはあるでしょう。
参考:家を売るためにやったこと | 我が家の売却体験記「家を売る人へ」

不動産で働くメリットとは?

不動産で働くメリットとはどのようなものがあるのでしょうか?ガッツリ収入を得ることができる!というイメージしかないという人も少なくないかと思います。なんとなく不動産で働きたいなぁっと思っている人も、メリットを聞けば「自分もやってみようかな!」と決意が固まるかもしれません。

では、具体的にどのようなメリットがあるのでしょうか?

資格がなくても働くことができる

不動産で働くメリットとはどのようなものがあるのでしょうか?一つ目は、資格がなくても働くことができるというところです。専門分野で働く場合は、ある程度の資格が必要な場合が多いですが、不動産の営業は資格がなくても働くことができます。

しかし、いずれは宅地建物取引主任者という資格を取得しておくと収入アップにもつながりますので、持っているといいかと思います。また、不動産の仕事はお客様の生活のお金とかなり関係してきますので、ファイナンシャルプランナーの資格を持っていても使えるでしょう。日々生活していく上で必要なお金に関して学ぶことができますので、お客様に的を得た提案をすることができるでしょう。

未経験でも採用してもらえる

未経験でも働くことができるというのは大きなメリットですよね。いずれ営業の仕事をしてみたいと思っていたけれど、なかなか勇気がでなかった。やっと今になってやる気が出てきたから、今から挑戦してみたい!という人もいるかと思います。不動産の仕事はいつからでも働くことができるのでかなりメリットが大きいですよね。

ただ、誰でもできるというわけではありませんので要注意です。営業は実力の世界ですので、結果を出すことができない人は、ある程度の期間になればクビにされることもあります。また、毎月の結果が出せなくて収入が低く生活ができないという人も中にはいます。最低限の収入はいくらになるのかということもしっかりと調べておく必要があるでしょう。

年齢関係なく応募することができる

不動産営業の最大のメリットは、年齢関係なく働くことができるということではないでしょうか。特に、今まで他の業界でも営業の経験があった人であれば、ある程度の年齢だったとしてもしっかりと結果を出せる可能性は高くなります。

また、経験がなくても今までの経験を踏まえて力を発揮できる場合もあるでしょう。営業に向いているかどうかはやってみなければわかりません。そして、何歳になっても向上心があるような人を求めていますので、やる気があればぜひ挑戦してみていただければと思います。

年収1000万円も夢ではない

不動産業界は、結果を出せば出した分だけ自分の収入が上がるというところがほとんどだと思います。そのため、できる営業マンは年収1000万円を超えるという人も少なくないでしょう。年収1000万円というのは男性にとって憧れの数字。これだけあれば、女性からもモテるだろうし、自分にも自信を持てるようになるでしょう。

しかし、営業で年収1000万円というのは簡単ではありません。相当な努力をしなければ成し遂げることは難しいでしょう。ポイントとしては、すでに達成している先輩にいろいろと聞くということです。日々どんな勉強をしていて、どんなことに気をつけているのかということを細かく聞き出すのです。そして、教えてもらうことだけではなく、自分自信でも考えて行動し続けることが重要です。

私の不妊体験談

今、これを書いている私のすぐ側から小さな寝息が聞こえています。すでに私と主人のかけがえのない宝物となっている娘の寝息です。私は寝不足で疲れているはずなのに、いつまでもこの天使のような寝顔を見つめていたい気分です。 こんな満ち足りた気分で子どもを見ることができるなんて、最初は想像もつきませんでした。この子は、私が卵子提供を受けて産んだ子なのです。

私の人生は順調だと思っていました。大学を卒業し、就職。勤務先の先輩だった主人と出会って 30歳の誕生日を目前に結婚。

そして、結婚後すぐに妊娠と、そこまではよかったのですが、妊娠が分かったあとの検診を幸せな気分で受けに出かけたのに、胎児の心拍が確認できず、稽留流産に。
訳が分からないまま、流産の処置を受けていました。

なにも躊躇することなく周りの人に早々と妊娠報告をしてしまっていた私は、本当にその頃無知だったのです。 流産のショックから立ち直るまでに少し時間はかかりましたが、「1回妊娠できたのだから、またすぐにできるよ」と周りから励まされ、自然にまかせていましたが、その後はまったく兆しがない状態が続き、思い切って検査を受けたところ、すぐに治療に入ったほうがよいという診断。

なにも文句を言わずに忙しい仕事のスケジュールを調整しながら協力してくれていた主人にも申し訳なく、ある日わざと明るい声で、「卵子提供っていう手段があるんだって言われちゃった!」

不妊の体験談について

 卵子ドナーや代理母を依頼する非配偶者間生殖医療プログラムや、着床前遺伝子診断プログラムなど、日本国内では自由に参加できないプログラムについて考慮するとき、やはり大きな不安が先に立つのは当然のことと思います。私は2006年の終わりまでに、およそ500組のご夫婦のお手伝いをいたしました。

しかし、日本国内で認可されていないなどの理由で、前述のプログラムに参加された方たちとその後に続くご夫婦との間に、直接的な交流や情報交換の場をもつことは、やはり社会的側面の理由からも、とても難しい状況です。ご自身の選択を信じていても、一旦お子さんが授かったあとでは、どうしてもその事実を周囲には知られたくない、というご夫婦が多いためです。

そこで、数々の困難を乗り越えたのち、すでにお子さんを授かり、「普通の幸せ」を手に入れたご夫婦の声を、いくつかお伝えしたいと思います。

体験談は、実在の患者様から頂戴したものですが、掲載に当たりご本人様の了承のうえ、一部加筆訂正させていただいております。